menu
close
  • Facebook
  • Twitter

ONLINE STORE

PAGEM× made from LIBERTY LONDON FABRICS

美しい色彩と上品なパターンが人気の英国発祥
ブランド
「リバティ ロンドン ファブリックス」を
使った人気のコレクション

自然の花鳥草木、アールヌーボーパターン、
繊細なペーズリー等のモチーフが
独特の美しい色彩で表現されている
リバティ ロンドン ファブリックス。
毎年トレンドを反映した新作が発表され、
130年以上を経た今も尚、世界中の人々に愛され続けています。

リバティ ロンドン ファブリックスを
カジュアルに楽しめる

ペイジェム made from
リバティ ロンドン ファブリックス

おすすめポイント

  • ・表紙にはリバティ ロンドン ファブリックスを代表する「タナローン」を贅沢に使用。
  • ・ビニールカバーに入っているので、汚れても安心!
  • ・女性のバッグにすっきり収まる縦長・A6の2サイズ展開。
  • ・選べる日曜始まり、月曜始まりのレイアウト。
  • 月間レイアウト(カレンダータイプ)(月曜始まり)

  • 月間レイアウト(カレンダータイプ)(日曜始まり)

  • Gloria Flowers
    (グロリア・フラワーズ)

    スカーフ用のデザインとして、リバティ社が1977年代に購入したデザインです。ブルーベルや勿忘草、アネモネなどの花々がカラフルに描かれています。

  • Irma(イルマ)

    2013年春夏コレクションで発表された柄です。正確な筆づかいから極小さな鉛筆の跡に至るまでを再現するためにデジタルプリントを使っています。ユーフォルビア、ポピー、アストランティア、イベリスの花々が優しくどことなく幻想的な草原を創り出します。

  • Angelica Garla
    (アンジェリカ・ガーラ)

    2009年春夏に登場したデザイン「Mrs.Robinson (ミセス・ロビンソン)」は、大胆な大花でありながら繊細な線画のデザインで、2009年テキスタイルのトレンドとなった柄です。そのミセス・ロビンソンをベースにスケールを縮小し、クラシックコレクションの為に新たにリドローされ、ドレスファブリックとしてより使いやすくなりました。

  • Emily(エミリー)

    1940年に初めてプリントされた柄で、ガーデニング愛好家のお庭をイメージして様々な花をミックスしたフラワーデザインです。歴史あるリバティのアーカイブに対するトリビュートとして、受け継いだ秘蔵のデザインを新たにアレンジして2006年春夏コレクションで登場しました。

※デザインやレイアウトは商品によって異なる場合があります。
詳しくはONLINE SHOPでご確認ください。

リバティ ロンドン ファブリックス タナローンとは…

絹のつやと手触りを、木綿で再現するためにつくられたリバティ ロンドン ファブリックスを代表する生地です。
1920年代、当初はスーダンの綿が使われたことから、近くのタナ湖にちなんでタナローンと名づけられたといわれます。
やわらかな肌触りと、軽さ、豊かなドレープ性が特徴で、リバティプリントのほとんどが、このタナローンの生地に表現されています。

  • PAGME fan page

    ユーザーのみなさんの手帳の使い方や、手帳のある暮らしを覗くことができるサイト「pagem-fun」。気になる使い方、面白い方法を探してみましょう。

  • CANTACARTA

    カンタカルタ ー それは「歌う紙」という名前をもつ365日を彩るパートナー。まるで「持ち歩けるアート」のような、イタリア生まれのダイアリーです。

  • 本屋大賞サイト