menu
close
  • Facebook
  • Twitter

ONLINE STORE

PAGEMのこだわり

用紙へのこだわり

ペイジェムで使われている用紙は、すべてオリジナルの専用紙として特別につくられたもの※。
万年筆のインクが滲まず、ボールペンの走りもなめらか。そして、シャープペンシルの芯も引っかからない絶妙な書き心地を目指しています。気になる紙色は、ほんのりと黄味がかったやさしいホワイト。お使いいただく方が、ストレスなく書き込める。書くたびにもっともっと書きたくなる。そんな紙を目指して、ペイジェムは日々研究を重ねています。※一部の商品を除きます。

製本へのこだわり

ペイジェムの代表的なアイテムである“手帳”。毎日、何度も開いたり閉じたりするのが当たり前。
でも実は、その作り方は、「当たり前」ではないんです。ペイジェムの“手帳”は、16ページ単位で構成される複数の束を、糸でしっかりと縫い合わせて出来ています。それにはもちろん専用のミシンのような機械が必要。一般的な書籍の製本とは違って時間もかかります。だけど、そうすることによって、年に数千回にも及ぶ開閉にも耐えることができるのです。せっかく使っていただくのだから、頼りになる一品でありたい。その思いで、毎年心を込めて作っています。

レイアウトへのこだわり

「もう少しだけ、記入スペースを広くしてほしい」「ここに1本、線を引けるようにしてほしい」「見やすい書体にしてください」レイアウトデザインに対するお客様のご要望は様々。そこでペイジェムでは1ミリ単位で記入スペースを拡大したり、スケジュール欄を区切って使えるように上下や左右にガイドとなるドットを配置するなど細部にまでこだわったレイアウトづくりを行っています。また、書体も「UD書体」を中心に採用し、刷り色も曜日の区別がしやすく、目に優しい色合いを使用しています。

機能へのこだわり

お客様に長い期間、快適にお使いいただけるよう、ペイジェムのアイテムには便利な機能が盛りだくさん。ペンホルダーやポケットを付け、ペンや付箋、名刺などを一緒に持ち運びできるようにしたり、素早くスケジュールが確認できるよう栞紐(しおりひも)やインデックス付きの手帳をご用意しています。

Made in Japan へのこだわり

ペイジェムの手帳は、すべてMade in Japan。東京・板橋にある子会社、手帳製造工場「新寿堂」をはじめとした、国内の製造工場で作っています。手帳の製造は、通常の印刷物に比べて、行程がとても複雑。その細かい行程で品質管理を徹底するためには、製造現場と企画者、ひいては営業部門が密に連携を取り合い、思いを共有することが何よりも大切です。手帳づくりに携わるすべての人が、お使いいただくお客様の姿や表情を想像しながら、丁寧に作り上げる。Made in Japanだからこそ、それを実現できるのです。

商品企画へのこだわり

「同じレイアウトでもう少し大きいサイズの手帳が欲しい」「表紙カラーのバリエーションがもっと欲しい」「曜日の始まりは日曜がいい」…など、商品に関するご要望は千差万別。そこでペイジェムでは独自にWebアンケートシステムを設け、商品に対するお客様のお声を毎年収集し、企画の際にはすべてのご意見に目を通しています。毎年、ユーザーの方を当社にお招きし、使い方やご要望を直接お伺いしながら、新しい商品の企画を行っています。中には反映できないものもありますが、少しでも多くのお客様に喜んでいただけるよう、想いを込めて毎年商品を作っています。

ご購入いただいた皆様へ 2017年商品アンケート

皆様のご意見をお待ちしております。

1月始まり商品アンケートはこちら
4月始まり商品アンケートはこちら

皆様のご意見をお待ちしております。

  • Home
  •  > PAGEMのこだわり